前へ
次へ

ビジネスにおける名刺の管理方法について

ビジネスの場面において名刺は欠かせないツールであり、通常、ビジネスマンは営業活動、異業種交流会、顧客との打ち合わせなど、様々な場面で名刺を交換しますし、その数が1日だけで数十枚に及ぶこともあります。
また、相当期間経過すれば何百枚、何千枚もなってしまうこともあります。
そこで大事になってくるのが管理の方法です。
管理の方法をきちんと決めなければ、たまっていく一方となり、せっかく得られた顧客情報が取り出せないようでは、ビジネスマンとして痛手を被ることになります。
管理の方法として大きくは、紙のまま保存する方法と、データで保管する方法があります。
紙のまま管理する場合に重要なのは、時系列、業種別、アイウエオ順など整理の仕方を統一しておくことです。
保管には専用ホルダーを使うことが一般的ですが、後から追加で差し込めるルーズリーフ式のものが便利です。
データでの管理はエクセル等に名刺情報を転記する、デジカメで撮影するなどの方法がありますが、最近では名刺管理ソフトやスマートフォンのアプリ等が出回っている為、それらを活用することで手間をかけずに管理することができます。
管理方法はいろいろありますが、まずは自分に合った方法を見つけることが大事であるといえます。

専門スタッフによる出張録音
好きな場所で文字起こしはいかがでしょうか?

家電製品の電力供給電線
銅比率30%以上であれば買取にお出しいただけます

ユーザーニーズに応えるリューベ
製品開発のこと当社にお任せになりませんか?

新たな潤滑ポンプを開発
新製品開発に着手するリューベです

豊橋で人気の買取専門店「お宝鑑定・よろず屋」

Page Top