前へ
次へ

ビジネスにおける名刺の役割とその管理について

名刺は、ビジネスマンにとっては欠かすことのできないものであり、氏名や役職などを記載した紙状のものです。
特に初めて対面する相手に対して渡すことで、名前や身分を簡単に相手に示すことができ、ビジネスシーンでの初対面時のあいさつでは必須のものとなっています。
名刺により、自分の名前などを相手に覚えてもらえるのと同時に、相手のものを受け取ることで、相手の情報を知ることができます。
そのため、相互の情報交換としても重要な役割を果たします。
名刺は、最近では電子媒体として管理するケースも増えています。
以前では、紙の名刺をそのまま、ファイルなどに挟み保管しているケースが一般的でしたが、最近では専用のスキャナーなどで取りこみ、電子媒体として管理するケースも増えています。
特に、企業においてはこれらの情報を集積していくことで、顧客管理が容易にできるようになります。
また、電子化することで検索がしやすくなるため、必要な情報を探しやすくなるメリットもあります。

Page Top