前へ
次へ

ビジネスシーンなどで活躍の名刺について説明します

名刺は、初対面の人だけではなく相手に自分のことを伝えるものです。
自分が所属している会社や部署、メールアドレスや住所と電話番号が書いてあるものが多く営業などで「自分の顔」として使われる場合がほとんどです。
手のひらに収まるサイズで作られている場合が多く、91ミリ×55ミリのサイズが日本での標準サイズとなっています。
「名刺を交換する」ということは、アジアにはあって欧米ではあまりなかった習慣であったと言われています。
最近、欧米でもメールアドレスの交換の際などに名刺を使う場合が増えてきたといわれています。
アジアには、日本と同じように存在して同じような使われ方をしています。
アジアでは、会ってはじめに交換することが多いのに対して、西洋では別れ際に渡すことが多いです。
なぜなら、相手の連絡先などの最終確認を行うのに使うからです。
今や、顔写真入りの名刺など、さまざまな形式の物が存在します。
趣味で使う場合もありますし、わざと標準サイズではないものを作る場合もありますが「自分の顔」であることに変わりはないです。

Page Top