前へ
次へ

名刺というアイテムに対しての思い

営業には欠かすことの出来ないアイテムなんですが仕事を取ると言うより顔つなぎであったり話題つくりであったり話ふと途切れたときなどは便利な道具です。
公務員相手などに営業するとなるといつ異動になるかわからない世界なので単に人脈作りに徹して配ってまわります。
ちらしより効果はあるようです。
内容はやはりてを狙わずシンプルに色も一色のほうが好感が持たれます。
異動したらその先までついていくことが意外な信頼関係を築けるとありきたりな販促用のチラシより効果が期待できると思っています。
ある程度親しくなるまではチラシは出しません。
にぎやかでなにを言おうとしているのかわからない名刺も目にしますが、チラシではないので会社名と名前と職種、住所連絡先くらいで必要最低限の内容でとどめます。
後は電話でできるだけ世間話でつなげます。
絶対に契約や販売は初対面からははじめないほうが名刺の効果がでます。
第一印象で好感もたれるための大事なアイテムですので、こちらでは気長に心を開いてもらえるよう名刺交換には緊張しますね。
いただいた名刺は整理しないで1年以内で処分して余裕を持てば高確率でヒットします。

Page Top