前へ
次へ

ビジネスにおける名刺交換の留意点について

名刺は主に初対面の相手と接する際、自己紹介目的で用いるツールです。
ビジネスにおいては商談、新規開拓、異業種交流会など様々な出会いの場がありますが、名刺交換の所作を気を付けることは、相手に好印象を与え、人脈を増やして行くうえで大変重要になってきます。
まず、差し出すタイミングですが、訪問した側、声かけをした側から先に差し出すのがマナーとなっています。
もしも相手から先に出された場合には、そのまま受け取り、申し遅れた旨、一言詫びる心配りが必要です。
次に受け取り方ですが、受けとる際は立って一礼し、手の位置を相手より下にして、両手で受け取ります。
また、受け取る際は「頂戴いたします」と言うのが一般的です。
社名や名前の読み方が分からない場合や確認したい場合は、その場で直ちに相手に聞くようにします。
交換後に着席して打ち合わせに入る場合であっても、すぐに名刺をしまわず、自分の前か手元に並べておくようにします。
その場を離れて会社に戻った後は、直ちに名刺を保管場所に整理します。
また、整理する前に面会した日時、場所等を余白に記載しておくことも効果的です。

Page Top