前へ
次へ

名刺を渡す側と貰う側による名刺の役割

名刺の役割と言いますと、ビジネスシーンなどで初対面の方に、自分の名前を覚えてもらうための道具というのが一般的な考え方です。
この考え方は間違えではなく、現在でもビジネスシーンではお客様とコミュニケーションを取るためには重要な道具であると認識されています。
逆に、初対面の相手に挨拶する時に名刺がなければ、不便なうえに礼儀知らずと考えるケースもありますので、日常的に必要な道具と言えます。
ここまでが渡す側の役割となります。
次に、貰った側の役割です。
大抵の方は名刺を貰えば相手の情報を確かめます。
記載されている情報は会社名と住所、役職と氏名などですので必要最小限の情報を知ることができます。
その後、名刺はどうするかですが、人によっては漢字の読み方がわからないなどといった理由でフリガナを書く方もいます。
これは、悪いことではなく、自分が貰ったものですので自由にして問題ありません。
なお、今後の商談で使用するから言って、相手の顔の特徴や印象などといったことを裏面に記入する方もいます。

Page Top